仕事を掛け持つ問題

インターネットはホットな分野であり、やりがいある仕事が多く見つけられます。ネット業界で仕事を目指し、多くの若者がテクニックを磨いているのです。情報技術の分野で注目されているのが、webプログラマーの求人です。新しいインターネットサービスの開発に関われば、充実した仕事ができます。しかし、理想的なイメージだけで仕事を捉えるのは問題がありそうです。実際に仕事を始めてみると、デメリットな面もある事が分かるでしょう。そのため、まずはメリットだけに留まらず、この仕事にどのようなデメリットがあるのかも理解し、総合的に判断が必要です。webプログラマーとして働く事のデメリットは、職場の規模によってはプログラミング以外の仕事も兼任し、掛け持ちしなければならない点です。小さなネットサービス開発の現場では、開発スタッフの人数が限られています。そのため技術者はそれぞれに複数の仕事を担当しているケースが多いようです。
プログラマーだからといって、プログラミングの仕事だけしていれば良いというわけにはいきません。webプログラミングに加えて、サイトのデザインや簡単なイラストの制作なども、必要に応じてこなす作業が時として求められます。そのため、プログラミングにだけ専念したいというプログラマーには、webプログラマーの仕事は必ずしも理想であるとは言えません。もしwebプログラミングの仕事で、プログラミングに集中したいなら、分業が進んでいる大きな規模のインターネット開発会社を求人で選ぶのが適切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です